純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね) 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

ブランド物が似合うとは限らない!ネクタイ選びのコツ。

高い=良いではない

ネクタイといえばスーツには欠かせないアイテムであると同時に、「自分らしさ」や「意志」を表現するためのツールとしても選ばれるものです。

 

様々なシーンや目的に合わせてネクタイを選ぶと思うのですが、私が相談に乗っている中でも、

「とりあえずブランド物をつけておけば良い」と思っておられる方も中にはいらっしゃいます。

 

確かに、ブランド物=高い=良いという感覚もよくわかりますが、それが逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

ネクタイはブランドよりも、さり気なさが重要

まず知っておいていただきたいことは、ブランド物はすべての人に合わけではないということです。

 

例えば、既製品のリクルートスーツにエルメスの高級ネクタイをしたらどうでしょう?

 

これが結論のようになってしまうかもしれませんが、どう考えても不釣り合いです。

 

極論のように感じられるかもしれませんが、このようにイメージやバランスはとても重要なのです。

 

さらに、ワンポイントで使用するブランド品なんかはオシャレになると思いますが、
初対面の方が全身ブランド物に身を包んでいるゴリゴリのブランド好きだったらいかがでしょうか?

 

個人の趣味嗜好を否定したいわけではありませんが、ある程度の協調性や信頼性を得ようと思ったときには、さり気ないくらいが丁度良いということが言えます。

 

特にネクタイは体の真ん中に位置し、第一印象を決定づけることさえできるアイテムになりますので、ブランド傾向が強いものよりは、抑え目の方が良かったりもします。

 

 

 

色柄もさり気なく

それでも個性を出そうと張り切ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、繰り返しになりますが「さり気ない」くらいでちょうどいいくらいです。

 

無難さを追求するのではなく、ごちゃごちゃせず、まとまりのあるもの選んでほしいと思っています。

 

ワンポイントアドバイスとしては、どんな柄を選んでいただいてもいいですが、なるべく色使いが多くないものを選んでみてください。

 

一本のネクタイに対して、多色を使用していると派手に見えがちになってしまいます。

ですので、2色までに抑えたり、3色以上だとしても、明暗や濃淡が際立ちすぎないものを選ばれるとよいかと思います。

 

 

 

バランスのとれた似合うものが一番

今回書かせていただいた内容は、ブランド物を否定しているものではありません。

 

その人に最も似合うお気に入りの物を選んでいただきたいという思いで書かせていただきました。

 

皆さんのネクタイ選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

ネクタイ選びは私たちにお任せください。

関連情報

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。

ブランド SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail info@shakumoto.co.jp
オンラインショップ https://shop.shakunone.com/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集