純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね) 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

挑戦の数は打席数と同じ。失敗を恐れるな。

挑戦していくことが成功へ鍵。

挑戦って言っても失敗するのは怖い・・・

 

そう思っている方はいませんか?

 

おそらくそれは、「失敗するのが怖い」ということの言い換えだと思います。

しかし、現状を変えたい、変わりたいと思っているのにも関わらず、挑戦を怖がっていたら何も起こりません。

 

私の周りには小さなことから大きなことまで、様々な挑戦をしている人たちがいます。
そういった方にはいつも刺激や学びを頂いているのですが、中には、臆病な人もいらっしゃいます。

 

ただ、その気持ちはとても理解できるし、誰しも失敗は怖いものです。

 

今日は、私の体験も含めて、「挑戦すること」に関してお伝えさせて頂きたいと思います。

 

 

個人のメディア化による可能性。

 

 

私は、プロダクト知ってほしいと情報発信を始めました。
昔は、世間にそれを知ってもらおうと思うと、テレビでの露出や、新聞や広告に頼らなければいけませんでしたが、今は、SNSやブログなどが普及してきた中で発信の方法が多様化し、自由になっています。

そこで起こっているのは「個人のメディア化」です。

 

すでに個人発信をされている方の中にも、
・毎日投稿をされる方
・定期的にされる方
・気が向いたときにされる方etc…..

 

頻度で言えば様々です。

投稿の頻度が少ない方の中には、投稿の質にこだわりたいから、必然的に投稿数は少なくなる。

とおっしゃられる方もいらっしゃいます。

 

もちろん、高い質の投稿や内容を充実させていくことはとても重要なことです。
一つ一つの投稿や発信が価値を積み上げていくのですからごもっともなことではあります。

 

ただ、目標設定によってこれが機会損失になることもあると私は思っています。

 

何故なら、投稿数が少ないということは、自ら打席に立っていないことと同じだからです。

 

例えば、目標設定を「1本ヒットを打つ」と設定したとしましょう。

 

ここぞの場面で10試合に1打席だけ打席に立つバッターと、
ヒットこそなかなか打てないかもしれないけれど、毎試合フル打席に立って打数を稼ぐバッターならどちらがヒットを打てる可能性があるでしょうか?

 

同じ経験値や能力なのであれば、打席数が多いほうが単純に機会は増えますよね。

打率としては低いかもしれませんが、前述したように、「1本ヒットを打つ」という目標設定の場合は打数が多いほうがシンプルに有利ではないでしょうか。

 

これは、発信にも同じことが言えて、
1発信1打席と考えるのであれば、当然増やしていくことが必須になります。

たまにしか出てこないけれど、伝説的なヒットを打てるようなバッターなのであれば当てはまらないことかもしれませんが、そんなことってそう簡単にできることでもありません。

 

数撃ちゃ当たる論のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そうではなくて、一定質の発信を定期的に行うことで機会は創出される可能性は広がるということです。

発信の質にごだわることはもちろん良いことですが、「こだわり」が「こわばり」になってしまうとせっかくのチャンスも逃してしまっていることもあるかもしれません。

 

Twitterや動画に例えるとわかりやすいかと思いますが、もちろん狙ってバズらせている人たちもいるでしょうけれど、基本的は数ある投稿の中の一つがバズっているだけで、毎回バズりを起こしているわけではありません。

 

何度も何度も繰り返してやることが大切なんです。

 

挑戦の数も同じ

SNS、ブログ、動画の投稿はいわゆる打数です。
その中でヒットするものの数は限られます。

 

これは大きく「挑戦」と括っても同じことが言えます。

 

一回の挑戦を恐れすぎると、何もできません。

でも、たくさんの挑戦の中の一回ならダメージは最小限です。

 

ダメージを食らいたくないのはみんな同じです。
私だって、100発100中ならどんなにいいかと思います。

 

ですが、結果を残す人は、表面に出ないような失敗を数多くしてきています。

 

やたらむやみに挑めばいいというわけではありません。

ひとつひとつの挑戦に計画性を持ち、成功への筋道を立てて取り組まなければなりません。

 

それでも失敗する時はするのですから、恐れず進むことが何よりの力になるはずです。

関連情報

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。

ブランド SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail info@shakumoto.co.jp
オンラインショップ https://shop.shakunone.com/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集