純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね) 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

ネクタイうまく結べない?【簡単おしゃれ!ネクタイ 三角 きれいな結び方】初心者でもこれだけ知っていれば間違いななし!

こんにちは。
ネクタイの仕立て人ブランド、SHAKUNONE(シャクノネ)CBOの笏本です。
3月に入り、新卒/新入学/新生活が始まる中でネクタイの結び方についてお悩みの方も多いのではないでしょうか?
ネクタイの結び方いっても、いろんなやり方があります。

その中で、結局何を選んだら良いのかお悩みになっている方も少なくないでし、実際にお問い合わせも多いのが事実です。 そこで今回は、1つの結び方に絞って「これさえ覚えておけば間違いない!」という結び方をお伝えさせていただきます。

 

ネクタイの結び方はどうやるの?
ネクタイの結び方鉄板ナンバーワン!
【セミウィンザーノットの結び方】

ネクタイの結び方といっても、いろんなやり方があります。 その中で、結局何を選んだら良いのかお悩みになっている方も少なくないでし、実際にお問い合わせも多いのが事実です。 そこで今回は、1つの結び方に絞って「これさえ覚えておけば間違いない!」という結び方をお伝えさせていただきます。

 

■胸元の三角がキレイにできるネクタイの結び方1選 ネクタイの締め方を覚える第一歩は、「セミウィンザーノット」という方法です。 この方法は、結び目の三角形が左右対称に見えるシンプルな結び方です。 結び目(ノット)が丁度いい大きさで収まることで、レギュラーカラーやワイドカラーなど、シャツには様々な種類がありますが、ほぼ全てのシャツに合襟に合わせられら結び方になります。 まず、これを覚えておけば間違いない結び方ですので、一緒に実践してみましょう!

 

セミウインザーノットの結び方

①まずネクタイには「大剣(幅広の方:前面に見える方)」と「小剣(幅狭の方:後面に隠れる方)」があります。
ネクタイを首にかけ、大剣を長めに垂らした状態で小剣とクロスさせます。※この時必ず大剣が上側に重なるようにしてください。

何度か実践をしていくうちに好みの位置が出てきますので、少し前を長くとりたい、短くとりたいなどの調整は、ネクタイの縫い目を目印にクロスさせるのがコツです。※大剣が左右どちらに来ても大丈夫なのでやりやすい方法でやってみてください。

②自分目線から見たときに、首元に小さな「V」ができてると思います。
大剣を後ろから前に出すように回します。この時にゆるゆる状態にしてしまうと結び目が不自然に大きくなってしまうので、少しテンションをかけて引っ張ってあげるのがキレイに結ぶ第一歩です。

 

③クロスした部分を包むように、裏側から表側に向けて一周回します。
この時に、クロスさせた部分をつまんだ手を離さないようにしておくとやりやすいです。

※緩まないように注意

④次に②の時に通したのと同じところにもう一度大剣を通して、今までつまんでいた指のところにループができているはずなので、そこに大剣を通してください。今までつまんでいた指はこの時に穴してあげてください。

⑤通した大剣をゆっくり引っ張って結び目を作っていきます。この時に大剣だけを持って引っ張る方が多いのですが、綺麗な逆三角形を作るために結び目(ノット)を軽く握って絞りながら大剣を引っ張ることがちょっとしたコツになります。例えるなら、「牛の乳しぼり」に近いイメージになります。また、きつく結びすぎないことが最後の仕上げに関わってくるので、ちょっとだけ余裕をもって結びましょう。

⑥ある程度の締め具合までできたら、真ん中の「くぼみ(ディンプル)」を作っていきましょう。
「くぼみ(ディンプル)」を作ることで、印象のど真ん中に【立体感】を出すことができて、より映えた印象になることができます。
少し余裕のある結び目に対して、自然にくぼみができている場合はそれを活かしても良いですし、出来ていない場合でも、結び目の中心に半分に折るイメージでたたんでください。真ん中にくぼみが出来たら、それを維持したまま両サイドを広げてあげましょう。
※ディンプルのある結び方は「より華やかに見える方法」です。葬儀の際などには控えるべきやり方なので、注意してください。

⑦結び目の形を整えて崩れないように小剣を引っ張りながら結び目を首元に上げていけば、エレベーターのように自然に上がっていきます。
第一ボタンが自然に隠れて、苦しくない程度のところまでたどり着けば、鉄板ネクタイの結び方セミウィンザーノットの完成です!

 

上手になるために、美しくカッコ良くなるためには繰り返すことが重要!

いいスーツを買っても、良いネクタイを買っても、ちょっとしたことでせっかくのスタイルが「残念なスタイル」になってしまうことがあります。
せっかくなら「美しく/カッコ良い」スーツスタイルを目指したいですよね。
自転車の乗り方も、蝶々結びも、最初は上手くできませんが、一度覚えてしまったらなかなか忘れるものではありませんから、手に入れるまで練習をしてみてください。このブログを読んでくださった方のネクタイ結びのお役に立てれば嬉しいです。

 

役に立った!と思ってくださる方は、ネクタイのプロ職人が作るブランドSHAKUNONE(シャクノネ)を一度ご覧になってみてください。

SHAKUNONEオンラインショップ

 

SHAKUNONE Instagram

関連情報

JAPANネクタイブランド | SHAKUNONE(しゃくのね)

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。

ブランド SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail info@shakumoto.co.jp
オンラインショップ https://shop.shakunone.com/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集