純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね) 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

ZOOM会議では映えるシャツ・ネクタイ選びとは?

画面の向こうにいる人にオシャレに見てもらえるシャツ・ネクタイ選び

 

新しい生活様式が取り入れられ、会議や打ち合わせにビデオ会議を利用する人が増えました。

私自身もZOOMをはじめとしたビデオ会議用のツールを使うことが増えましたが、その時に自分の服装だったり、相手の服装に対して感じることがありました。

 

今回は、ZOOMなどのビデオ会議ツールで顔出しをする時の服装について私なりに感じたコトを書かせて頂きたいと思います。

 

思ったより暗くて、顔色が悪く見える?

 

使っている場所の照明の明るさや、使っている機器の画質の影響もあるでしょうが、顔色がパッとした感じには映りません。
近い将来、どんどん画質が良くなっていくのでしょうが、やはり粗さは残ってしまうと思います。

自宅で仕事をすることも増えているので、服装はラフな感じになることもあるかもしれませんが、対外的なビジネスとなると画面越しでも服装は気にしなければなりません。

 

男性へオススメする服装のススメ

やはり、相手にきっちりした印象を与えたいようであれば、王道のシャツタイのスタイルでしょう。

多少画像が粗いとはいえ、シャツはサイズ感を合わせたものが良いでしょう。

 

ネクタイもヨレヨレでないものを選びましょう。

シャツのダボっとした感じや変にピチピチな感じ、だらしないネクタイの雰囲気は画面の向こうにも伝わります。

 

色や柄はどうやって選んだらいい?

直接対面して会うのではなく画面上での対話になりますし、少し暗く見えがちになってしまうことから、
今までは派手に感じていたようなものも積極的に取り入れていくことをお勧めします。

勘違いしていただきたくないですが、派手なものが良いわけではなく、印象的に明るく感じるように意識してほしいという意味です。

 

例えば、今まで黒スーツに濃紺ネクタイに白シャツに濃紺ネクタイのTHEベーシックコンボしか経験のない方でも、シャツにアクセントを加えてみたり、ネクタイだけでも少し明るいものを着けてみるだけで印象は一気に変わります。

 

オススメとしては、黄色やピンクやラベンダーなどが代表的な明るい色ですが、それでも抵抗のある方は、いつもより明るめの色くらいの感覚でも大丈夫です。そうして意識することが相手の印象を少しだけ変えていくことに繋がります。

 

また、ネクタイをしないという選択をされる場合もあるかと思いますが、その時でも、胸元を開き過ぎてしまうのは良くありません。
第一ボダンは締めなくても良いですが、変に胸元を開けないようにしましょう。

関連情報

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。

ブランド SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail info@shakumoto.co.jp
オンラインショップ https://shop.shakunone.com/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集