純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね) 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

私たちの布マスクの使い方。【ゴムの交換】と【サイズ調整】

ゴムの継ぎ目が見えるのは「あえて」

今回私たちが作る布マスクは、耳が痛くなりにくいように柔らかいゴムを使用しています。

 

実際洗って使えますが、繰り返し使って頂いていると、ゴムの継ぎ目が出てくることがあります。

 

クルっと回して本体部分に隠していただければ表にみえることはありません。

 

お客様の中に、これを【不良品】と思われる方もおられるかもしれませんが、この仕様は「あえて」やっていることです。

 

劣化が1番早いのはゴム部分。だからあえて、こう作る。

 

繰り返し使えるマスクで1番痛み、劣化が早いのは、耳にかけるゴムの部分です。

 

確かに、継ぎ目が表に出ないように作ることも出来ますし、さほど難しいことでもありませんが、私たちはあえて止めていません。

 

なぜなら、劣化が早いからこそ、ご自身で交換して頂けるようにと思っているからです。

 

布マスクの本体部分と比べると、やはりゴム部分は伸びたり、使い方によっては切れたりする可能性が高いです。

 

そんなゴム部分を縫止めしてしまうと、

ゴムの劣化=買い替え となりますよね。

 

しかし、あえて縫い止めないことで、ゴムがダメになってもご自身で交換することができます。

 

例えば、手芸屋さんや100均でコールゴムを買って頂ければ、古くなったゴムを切って新しいものを通し直せばまた使えます。

 

もっと言えば、お顔が小さく、マスクがダボつく場合などでも、少し長さを調整していただくこともできます。

 

そう言った風にご自身でメンテやパーツ交換をしていただけるように、あえて止めていないんだということを知っておいてください。

 

私たちのマスクのご予約はこちら

 

関連情報

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。

ブランド SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail info@shakumoto.co.jp
オンラインショップ https://shop.shakunone.com/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集