純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね) 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

ネクタイの【ストライプ/レジメンタル】ってどんな柄?

よく使われる定番の柄こそストライプ

ネクタイを選ぶポイントとして重要な柄。
オシャレの一歩として、どんな柄があるのか知っておくのは良いことです。

 

今回は、多くの方が使っており、定番中の定番と言われるストライプについて書かせていただきます。

 

ストライプってどんな柄?

規則性があり、全体的に若々しくすっきりした印象にまとまるので、合わせやすく幅広い年齢層に支持される柄がストライプです。
最初の一本や就職活動用などでも選ばれることが多く、無難なデザインが多いのが特徴です。

 

スーツ姿の男性を見ても、このストライプを身に着けておられる人が多く、正に定番と言える柄でしょう。

 

定番なだけあって、ストライプ幅や色合いなども種類がたくさんあるので、選ぶのも楽しいかもしれませんね。

 

実は左下がりと右下がりがある?

 

ストライプとシンプルに捉えていても、実はそのストライプの斜め線の方向には2種類あります。

ネクタイを正面から見て、右から左に向けてカタカナの「ノ」を書くようになっているものが[ヨーロッパスタイル]
その逆で、ネクタイを正面から見て、左から右に斜線が下がっているものが[アメリカンスタイル]です。

 

どちらが良くて、どちらが悪いという意味はありませんが、覚えておくと選ぶポイントにもなるかもしれません。

ただ、【右肩上がり】と縁起を担ぐ意味でも、ヨーロッパスタイルが好まれる傾向はあります。

 

もしプレゼントに選ばれる際などには参考にして頂けますと幸いです。

 

オススメのストライプシリーズこちらで紹介させて頂いています。

関連情報

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。
高級感があり、静かな迫力さえ感じるネクタイは、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、
様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

BRAND SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail nooto@shakunone.com
オンラインショップ https://shop.shakumoto.co.jp/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集