ネクタイプレゼント | SHAKUNONE(しゃくのね)|MADEinJAPAN 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

良いネクタイの見分け方。ネクタイ仕立てのプロが教える3つのポイント。

いいネクタイを見分け方。みなさん、考えたことありますか?多くの方が、色や柄、ブランドでネクタイを選ばれます。もちろんそれはとても重要な要素なのですが、その仕立てや風合いの良さは男性の品格を構成するポイントにもなります。そこで、毎日ネクタイを仕立てる縫製のプロとして、良いネクタイの見分け方を3つのポイントを押さえながら、説明させていただきます。ご自身の一本選びにも、プレゼント選びにも役立つと思うので、是非最後までご覧になってください。

 

良いネクタイを見分ける方法とは

デザインや色合い以外でネクタイの良し悪しを見分けるポイントは、①素材の美しさ。②ねじれの有無。③スリップステッチの有無です。世の中には高い物から安いものまでピンキリ様々なネクタイがあります。そのほとんどがちゃんと作られたものですが、その中でもより良いものを選ぶためにポイントがあります。大きく分けて3つのポイントに分けられますので、写真を含めて解説をしていきます。

 

ポイント①素材

ネクタイの素材は様々ですが、基本的にはシルクを選んでおけば間違いないかと思います。暑い時期にはリネン素材、寒い時期にはウール素材のものがあったりしますが、ネクタイといえばシルクです。美しい光沢としなやかさは、スーツに彩りを加えるネクタイとしては最も適していますし。最近はポリエステル系の生地でも光沢が綺麗なものは出てきていますが、やはり「シルクが出す自然な光沢」とは違い、若干のテカリを感じるものもありますので、良いネクタイはシルクと覚えておきましょう。

これはあくまで1つの判断基準ですが、ネクタイの生地はとても高価なため、コストダウンを考えられたネクタイは前から見えない裏地の部分は安価なポリエステル生地が採用されるケースも少なくありません。だからといって粗悪品というレッテルにはならないのですが、表地と同じ生地を裏地にまでたっぷりと使用しているもの、もしくはそれと同等の生地を使用しているものは、高級品であったり、作り手の姿勢が垣間見えます。気になる方はご覧になられても面白いかもしれません。

 

ポイント②ねじれないもの

きちんと作ってあるネクタイは伸縮性があります。通常の織物は、縦横方向には伸びず、ナナメ方向には伸びるという特を持っています。ネクタイはその特性を活かしてナナメ45度に裁断をしています。しかし、45度からズレてしまうと捻じれや歪みの原因になってしまいます。それを確認するためには、ネクタイをぶら下げてみるか、軽く引っ張ってみるとわかります。

 

 

正しく裁断をし正確な仕立てがされてるものは素直に垂れ下ったり伸びたりしますが、そうでないものは捻じれますし、何より綺麗なむずび目ができず、緩みの原因にもなってしまいます。

 

ポイント③エッジの柔らかさとスリップステッチ

細かなことかもしれませんが、細かなディティールに気を配って作られているネクタイは良いネクタイだといえます。例えば、ネクタイのエッジ部分で言えば、仕立てる際にプレスを当てすぎてペッタンコのネクタイになっているよりは、膨らみを残した柔らかいディティールに仕立てられているもの方が、身に着けた時の高級感や品格が増します。

さらに、ネクタイの伸縮を補助するためにある、スリップステッチ(たるみ糸)と言われるループを残してあるものは、丁寧な手仕事の証でもあることから、ポイントとして挙げられます。細やかな作りこみをされているネクタイは、見た目だけでなく、少しでも長く快適に使ってもらえるようにという工夫がされています。

 

 

 

最後に

スーツはネイビーやグレーなど、ベーシックな色やデザインなどを選ばれることが多い中、唯一と言っていいほど彩としての役割を果たすアイテムでしょうし、体の真ん中に位置するだけに、印象をも左右します。上質なネクタイにこだわることは、決して悪いことではありませんし、むしろこだわるべきポイントだと思います。是非参考にして頂いて、納得できるネクタイ選びをしてみてください。

 

ネクタイ選びは私たちにおまかせください。
ご購入はこちら。

 

自己紹介をすこしだけ

僕は岡山県の縫製工場の三代目として働いています。母子家庭の長男で、母から家業を継ぎました。実は「私の代で潰すから」と言われた縫製工場でしたが、継ぐ決意をしました。子どもたちには背負わせたくないという親心もあったと思います。だけど、戦ってきた母親の姿をみてきたからこそ、想いごと継ぎたいと思ったんです。2015年には夢だったブランドを立ち上げ、「いつか総理大臣に結んでもらえたらいいね」と話していました。途中では苦しいこともたくさんありましたしが、ただ、毎日コツコツと取り組んできたことで、つい先日総理大臣にネクタイを結んでもらうことができました。

 

諦めなければ夢が叶うわけではないかもしれませんが、諦めなかった人だけが夢を叶えるんだと思います。

熱い思いをもって仕事をしていますが、悩んだり、不安になったり、自信を失ったりすることもあります。ですが、支えてくださる方々がいることで、前に進んでいけます。何者でもない自分たちの出会いや挑戦が誰かに届き、ほんの少しでも何か変わればいいなと思いますすこしだけでいいので、僕たちのことを知ってもらえると嬉しいです。

Instagram  Twitter

 

 

もしよろしければ、サイトを見ていってください。

▶️https://youtu.be/8p_QhXn9X7A

関連情報

JAPANネクタイブランド | SHAKUNONE(しゃくのね)

ネクタイプレゼント | SHAKUNONE(しゃくのね)|MADEinJAPAN

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。

ブランド SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail info@shakumoto.co.jp
オンラインショップ https://shop.shakunone.com/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集