純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね) 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

【簡単】ネクタイの結び方の基本!これだけ覚えておけば間違いない。〈仕事 結婚式 パーティ〉

結局、ネクタイはどの結び方がカッコいいの?

「ネクタイの結び方」と調べると様々な方法が検索結果に上がってきます。
『プレーンノット』とか『ウインザーノット』とか・・・なんじゃそれ?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

上級者からすれば当たり前のことでも、ネクタイを結びなれない人や、特に女性は「結局どの結び方がいいの?」となってしまうことがほとんどです。

ただ、どのネクタイの締め方にも共通してカッコよく見えるポイントはあります。

 

カッコ良く魅せるポイントは「ディンプル」

それはズバリ「えくぼ(ディンプル)」を作ることです。

ディンプル(えくぼ)とは、ノット(三角形の結び目)下の部分を言います。

なぜ、これがあると良いの?
それは、ネクタイに立体感のある陰影ができるからです。
特にネクタイはシルク(絹織物)でできていることが多く、その光沢や艶感は平面よりも立体の方が際立ちます。ディンプル(えくぼ)を作ることでシルクの質感がわかりやすくなるため、のっぺりとした印象から自然な艶っぽい印象に変わります。

 

結び方にも好みがあるのですが、個人的にこれさえ覚えておけば大丈夫と思う結び方を皆さんにお伝えしようと思います。

 

『セミウインザーノット』をマスターしておこう。

結び方の解説はしっかりとさせて頂きますが、まず、なぜセミウインザーノットをオススメするかと言いますと、「適度な結びめの大きさ」と「ディンプルとのバランス」が最も美しく見えるからです。
加えて、比較的ベーシックで簡単な結び方で、スタイリッシュに見えますし、私も基本的にこの結び方しかやりません。

では、結び方を図解にして解説させて頂きます。

 

セミウィンザーノットの結び方①

セミウィンザーノットをカッコ良く結ぶコツは最初に大剣側を長めにとって小剣側を短めに設定することです。お持ちのネクタイによって多少バランスは異なるかもしれませんので、何度か結んで頂いてご自身の感覚を掴んで頂けるとすんなり結べるようになると思います。

 

セミウィンザーノットの結び方②

まずは大剣を小剣の上にクロスさせて、小剣の周りに手前から外側に向けて一周巻きつけます。

 

セミウィンザーノットの結び方③

ゆるゆるの状態よりは少し締め気味に土台を作ってあげるときれいな仕上がりになります。
そしてそのままクロスさせた部分を包むように一周回していきます。
※できた土台が緩まないように指でつまんで固定しながら次のステップで進むとキレイに結べます。

 

セミウィンザーノットの結び方④


首の下にできたV時のスペースに、手前から外側に向けて大剣を通していきます。
ちなみにウィンザーノットは反対側も同じように大剣をくぐらせていきますが、セミウインザーは片方だけでOKなのでこのまま進みましょう。

 

セミウィンザーノットの結び方⑤

結び目を包むように巻きつけてできたノット部分に大剣を入れていきます。ねじったり曲げたりすることは必要ないので、出来上がったまま素直に入れていきましょう。

 

セミウィンザーノットの結び方⑥

小剣をつまんでノットを上に引き上げてください。そうすることでノットの下部分でキレイな逆三角形ができます。この時に、最初からキツく締めず、緩さを残しておいてください。
形を整える時に、ノットの下が凹むように軽く折りたたんでみてください。
ディンプルの原型ができたら、最後に緩さを残さないようにキュッと締めて完成です。

 

結び方のポイントをおさらいしましょう。

■最初からキツく結ばないということを覚えておくとやりやすいかと思います。
■最後にギュッと結び上げる前に真ん中をくぼませて凹凸をギュッと固定するイメージです。

特にディンプル作りは慣れも必要かと思います。折り畳むイメージが身につけばよりキレイにできるようになるでしょう。
慣れないうちは指やペンを入れて押しつぶしてみるのも良いかもしれません。

 

豆知識として、ディンプルを作りやすいネクタイの特徴として、
・生地や芯地の厚み
・サイズ感
・ハリ
などが大きく影響してきますが、慣れてしまえばどんなものでも一定のディンプルを作る事ができるでしょう。

 

せっかくネクタイをするのならカッコよく結びたいですよね。
ぜひ覚えて実践してみてください。

 

関連情報

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。
高級感があり、静かな迫力さえ感じるネクタイは、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、
様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

BRAND SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail nooto@shakunone.com
オンラインショップ https://shop.shakumoto.co.jp/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集