純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね) 静かな迫力が伝わるこだわりのネクタイブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】では、国産のシルク生地とハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。伝統の職人技を活かした高級感のある仕上がりで、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

縫製工場の探し方

パートナー縫製工場を探す方法。

 

自身でアパレルブランドを立ち上げた方、またこれから立ち上げたいと思っている方は、多くの場合で企画デザインした製品の生産をする縫製工場を探すという壁を探す必要があると思います。

 

ご自身で縫製をする方はあまり関係のない話になるのかと思いますが、ある程度の数量を作るという点においては提携工場を探しておくことも視野に入れなければなりません。

 

とりわけ近年では、日本国内での縫製工場を探すことは難しくなってきました。

 

その原因としては、職人たちの高齢化持続環境の問題工場が減少していることもありますし、現存していてもHP等を持っていない縫製工場もたくさんあったりと、工場一つ探すにも苦労をします。

 

※筆者の祖母の若いころ

 

さらに言うなら、縫製工場とは縫製可能なアイテムや工程によって細分化されており、一部のみを専門で行う工場などもあったり、出来ることと出来ないことがあったりするので、依頼したい商品を生産できる工場かどうかは詳しく話を聞いてみないとわかりません。

 

そこで今日は、日本国内で目的に合った縫製工場を探す方法を紹介させて頂きます。

 

①ネット検索

これは、最初にできる方法です。

検索で「Tシャツ 縫製工場」「カバン 工場」など、アイテムを指定して検索してみます。

 

先にwebサイトを持っていないところが多いと書きましたが、そんな中でもwebサイトを活用して情報発信をしている工場も存在しています。

 

なので、まずはネット検索をしてみましょう。

 

②紹介

知っていそうな人に聞いてみましょう。

ネット検索や飛込みで伺うよりも、紹介をしてもたった上で、直接交渉をしてみるのが双方安心感はあります。
もっと言うなら、①のパターンで一つ信頼できそうな縫製工場に足を運び、コミュニケーションを図った上で、知り合いの工場を紹介してもらう方法もあります。

 

ただ、インターネットで見つけた工場に「御社以外で〇〇を作れる工場紹介して下さい」と唐突に言ってみても、「は?」としかなりません。

 

あなたとの関係性を構築していない状態で、いきなり紹介しろと言われても、迷惑です。誠心誠意想いを伝えたりしながら関係性を構築するなりしてから、お願いするようにしましょう。

 

③専用掲示板で探す

理想の縫製工場を探すための専用サイトも存在します。
それがSDfactoryというサイトです。

目的に合わせた縫製工場が自ら登録をして仕事の受注を受け付けています。

ダイレクト検索だけでなく、こういったサイトを利用するのも一つの手です。

サイトはコチラ

 

④業者に丸投げする

工場もそれを探す人脈も無い方、またそれをやる気もない方は、正直諦めた方がいいです。
ですが、あえて言うならその手の業者に丸投げして仕入れだけを行う方法もあります。

その場合はコストも余分にかかりますし、やっている意味があることなのかもわからないのではないかと思うので、基本的にはおススメしませんし、④を選ぶくらいならやめておいた方が良いかと思います。

 

重要!知っておかなければならないポイント

スマホやパソコンを利用することが当たり前の時代でも、インターネット環境が無い縫製工場もたくさん存在しています。
そして、メールも使わず、連絡の手段は電話とFAXなんて工場はざらにあります。

そのあたりを理解して、いちいちビックリしないように心構えをしておく必要はあるかと思います。

 

正直、「メールも使えないのはさすがにまずいだろう」と私も思いますが、現実的にそういったところも多いのです。

 

実際に問い合わせをくださる方の中で、こういった方がおられます。

 

ミシンを使い、針と糸を使って縫製をするんだから、縫える人なら何でも縫えるだろ?

 

確かに「縫う」ということは共通していますが、この意識は根本的に間違っています。

Tシャツの工場にカバンの縫製を依頼しても設備やノウハウが全然違います。
無理にお願いしたり「できるっしょ」くらいのテンションで話を進行されることは、工場からすると単に迷惑にしかなりません。

なので、基本的に作りたいアイテムの生産をしている専門の縫製工場に相談するようにしましょう。

 

 

縫製工場とはしっかりコミュニケーションを取りましょう。

大げさに聞こえるかもしれませんが、
料理で言うならば、作り手は「シェフ」繊維製品で言うならば、作り手は「工場」です。

 

作る人によって味付けが変わるように、工場によってテイストが変わることだってあります。
だからこそ慎重に選ぶ必要があると思いますし、あなたはその舵取りを担うわけですから、そこにはお互いの信頼関係が必須になってきます。

 

設備状況や納期対応。その工場の繁忙期と閑散期等も理解しつつ、効率的に依頼をしていくためにも重要なのはやはり普段からのコミュニケーションです。

「自分が工場を使ってやってる」というような傲慢な態度ではなく、お互いに尊重しながら関係性を構築していくことが最も大事です。

 

最後に

縫製工場はどんどん少なくなってきています。
私の周りにも一昔前はたくさんの縫製工場がありましたが、今となっては私たちの工場しかありません。

 

工場が様々な世の中の変化に対応できなかったと言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、それでも培った技術が失われてきたことに変わりはありません。

 

少しでも良いマッチングが生まれて、より良いパートナーが見つかることを願っています。

関連情報

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

純国産・ハンドメイドのシルク生地ネクタイ | SHAKUNONE(しゃくのね)

小さな縫製工場から産声を上げたネクタイ専門のファクトリーブランド【SHAKUNONE(しゃくのね)】
国産のシルク生地を使用し、職人のハンドメイドにこだわり一本一本丁寧にお仕立てしております。
高級感があり、静かな迫力さえ感じるネクタイは、ビジネス、カジュアル、パーティーなど、
様々なシーンに華を添えます。大切な人への特別なプレゼントとしてもおすすめです。

BRAND SHAKUNONE'(シャクノネ)
FACTORY 〒709-4623
岡山県津山市桑下1333-6
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝
マネージャー 笏本達宏(シャクモトタツヒロ)
E-mail nooto@shakunone.com
オンラインショップ https://shop.shakumoto.co.jp/
コーポレートサイト https://shakumoto.co.jp/

コメントは受け付けていません。

特集